研究会でオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツの作り方

2016年11月15日 18時53分

研究会でオリジナルのチームTシャツを作る際には、何から始めればよいのでしょうか?もちろん今までTシャツを作ったことのない方がほとんどなのではないかと思いますので、何からスタートすればわからないのではないかと思います。ここでは、オリジナルのチームTシャツを作る流れを紹介させていただきます。
 
まずは、Tシャツを専門に作ってくれる業者に連絡を取りましょう。その後の流れは恐らく説明してくれると思いますが、まずは利用するTシャツの素材や枚数などを選択します。そして、大まかなデザインを決める必要があります。しっかりとしたデザインではなく、Tシャツのどこにプリントするのか、どれくらいの大きさなのか、何色を使うのかなどを決めます。
 
それだけで大まかな価格が出るのではないかと思います。予算よりも高い場合は、プリントで利用するカラーを種類を減らしてみたり、Tシャツの生地をもう少し割安のものに変えたりすることで総額が変わってきます。または、逆に発注枚数を多くして1枚当たりの単価を下げるという方法もありなのではないでしょうか?
 
オリジナルのチームTシャツは、たくさん作れば作るほど1枚当たりの価格が安くなります。もちろんトータルの価格は高くなりますが、1枚当たりの価格が安くなれば長い目で見た場合にお得です。イベントなどで1回きりしか使わないようなTシャツではないですので、たくさん購入してストックしておくのもよいのではないでしょうか?
 
ここまで決まったら、本格的にデザインを作っていくことになります。すでにデザインが固まっている場合は、このステップがすぐに済んでしまうのではないかと思います。しかし、しっかりとしたデザインが決まっていない場合はこのデザイン制作に時間がかかる可能性があります。
 
研究会の中にデザインの得意な方がいらっしゃるのであれば問題ないのではないかと思いますが、デザインなどしたことがないという方ばかりの場合はてこずるかもしれません。しかし、業者によっては様々なデザインのフォーマットを持っているところもありますので、そのフォーマットを参考にしてデザインを作るのもよいのではないかと思います。
 
デザインが決まったら、あとは発注してTシャツが届くのを待つだけです。以上が大まかなオリジナルのチームTシャツを作るステップとなります。若干業者によって流れが変わる可能性もありますので、初めの問い合わせの際に電話やメールでどのような流れになるのかを確認しておきましょう。